風俗の隠れた噂

いつもの時間で楽しむ。定番ですね

会社はいつも定時です。残業も余程のことが無い限りしないですし、する時には前もってアナウンスと言うか、「この日は仕事が多いです」みたいにアナウンスされるので、基本的には定時に帰れるんですよ。だから仕事の後に何をするのかもまた、楽しみです。ただ次の日のことも考慮しなければならないので、風俗で遊ぶ時は休前日が多いですね。休前日の17時30分。これが自分の風俗で遊ぶ時間なんですよ(笑)この時間だと、まだまだ混み始めていないんです。会社の近くに風俗があるのも強みですよね。この時間でも問題なく楽しめる環境にありますので、この時間から楽しんで、その後ご飯でも食べて帰宅するのが休前日のアフターファイブのささやかな楽しみなんですよ(笑)残業が無いのは当たり前だとか思っている自分もいますけど、風俗で遊んでいる時だけは残業がない会社に入れてラッキーだなっていつも思うくらい、定時で遊ぶのが自分の中で定番なんですよ。

垂れているのがリアルだった人妻

この前の人妻風俗嬢はいろいろな意味でリアルでした。なぜなら、少しおっぱいが垂れていたんです。年齢から、それはもう仕方ない事じゃないですか。一種の生理現象のようなものなので、そればかりは本当に仕方ないと思うんですけど、でもその垂れ具合が、むしろリアルだなって思ったんですよ(笑)風俗としではなくて、もしもですけど世の人妻と不倫をしたら、きっとこういったボディを相手にするんだろうなって思ったら、なんだか勝手に盛り上がってきたんですよね(笑)サービスではなく、臨場感のあるボディだなって思ったんです。それでいろいろと楽しませてもらいましたけど、やっぱり風俗って最高だなと。改めてそう思いましたよね。それに、人妻はおっぱいだけじゃなくて体そのものがリアルと言うか、例えばアンダーヘアにしてもナチュラルだったんですよね。そう言ったことすべてが「風俗嬢」というよりも「普通の人妻」な雰囲気が出ていて良かったんですよ。